カスタマー・サービス・コミュニケーション英語

English for Customer Service Communication Barista

customer1

シドニーで初めてできた接客英語専門 バリスタ コースで、英語力に自信がない方でも受講できます。
オーストラリアはカフェ大国。本格的なコーヒーマシンを使用し、自分達で企画運営するSELC Caféで実際に校内の学生に販売することで、本当の接客を体験し自信をつけます。

こんな方におススメ:

  • 英語を使ったお仕事に就きたい!
  • カフェやコーヒーに関する知識を身につけたい!
  • 将来カフェや飲食を経営したい!

SELCのバリスタはここが違う!

  • 接客のプロになる
    たった4週間で接客業のノウハウを完全伝授
  • バリスタ&らてあーと終了証を取得
    当校の終了サティフィケート(終了証)以外にその他2種類のサティフィケートも取得
  • バリスタの仕事GET
    SELCプログラムで地元カフェのお仕事をGET

対象レベル:初級上~中級

受講期間:4週間

バリスタとは

バリスタ (barista)とはイタリア語で「バール(bar)でサービスをする人(~ista)」という意味で、バーテンダー(bartender)とは英語で「バー(bar)でサービスをする人(tender)」という意味です。バールにかかせないのがエスプレッソで、豊富な経験と確かな技術でその味を守り続けるのがバリスタです。ここ最近では「エスプレッソを抽出する人」としての意味合いが強くなってきていますが、単にエスプレッソを淹れるだけではなく、お客様へのホスピタリティにも配慮が行き届いてこそ一流のバリスタとされています。接客のプロであり、お客様の好みや体調にあわせて一杯一杯気持ちを込めてコーヒーを淹れるプロのことをバリスタと言います。

SELCの「バリスタコース」を知る

SELCの バリスタコース では、毎日のコーヒー作りはもちろんのこと、歴史や豆の種類など、コーヒーに関する基礎知識を学び、履歴書の書き方や接客英語など、オーストラリアで英語の仕事に就くための総合スキルを学びます。課外授業では実際にカフェに行き、バリスタから焙煎の方法やエスプレッソマシーンについて詳しく学びます。更にグループに分かれて学校周辺のカフェを巡り、コーヒーの味やミルクのフォーム、サービスなどについて研究し、毎週金曜日にはシティの有名校:シドニー・コーヒースクールへ出向き、ラテアートなどを学ぶという内容盛りだくさんの4週間完結コースです。また授業の休憩時間に運営する「SELC Café」では、キャッシャー、バリスタ、ウェイトスタッフなど日替わりで役割分担し、自分たちでコーヒーを在校生にサービスします。30分で100杯以上もサービスすることもあります。終了後、反省点をクラスメート同士で意見交換したりと団結力も日々強くなります。セルクには色々な国籍の学生が在籍しているので、オーダーを取る際に各国々の発音の違いやクセも体験できて、オーストラリアで働く際にとても役立ちます。

customer21

==体験談==

「一番楽しかったのは、SELC Cafe!」  カナさん

SELCの授業で一番楽しかったのは、休み時間に学生や先生にコーヒーを販売するSELC Cafeです!接客をする人やコーヒーを作る人など、その日の役割分担を決めて、本当に働いている感覚で英語もどんどん吸収することができました。バリスタの資格は本当に奥が深いので、SELCのように4週間毎日トレーニングがあって初めて実力がつくのだと思います!

「確実に広がった自分の世界。夢はコミュニティカフェを開くこと」  カトウ ケイコ さん

受講コース: 一般英語、バリスタ    受講期間: 17週間
受講キャンパス: シドニー・シティ校

[留学を決意したきっかけ]
20代最後にやりたいことでやり残したことを考えた時に浮き上がったのがワーキングホリデーだったからです。海外での就労には語学力の習得が欠かせないため語学学校に通うことにしました。

[英語学習の中で一番自分のためになったこと]
辞書やテキストに載っていないローカルなフレーズや使い回しなどを習得できるのは、現地ならではの醍醐味だと思います。シチュエーションにあわせた使い方を先生が教えてくれたことが、より実用的な習得になりました。

[留学を通して英語学習以外で自分を一番成長させたこと]
異国の文化を受け入れられる柔軟性を得たこと。コミュニケーション能力の向上はもちろん、自主性でもって働きかけないと何も始まらないこと。しかし、働きかければ予想以上のリターンがあることを留学をとおして学びました。

[SELC留学前の自分と今の自分との違い]
日本人特有の考え方の硬さは、だいぶフレキシブルになったと感じます。異国の舞台を逆手にとって、これまでの自分とは違った発想や行動にチャレンジできるので、新しい自分を作ることができトータル的な成長につながっているのではないかと思います。また、仲間作りの充実により可視化できない部分での自己存在意義を確認できたことは、今後の人生での一層の自信になったと思います。

[留学の一番の思い出]
SELCの仲間と大きな凧を作ってBondi beachでのカイトフェスティバルで日本風凧をあげたことです。目的は、災害が続く日本に向けて’’we are connected by same sea and sky.’’という文言でエールを送るものです。当日は、ブラジルや台湾の友人も手伝ってくれて国の壁を越えた仲間の絆を感じることができ、オーストラリアの広い空と青い海に日本の力強い絵柄が浮いた時はとても感動しました。

[今後の人生プラン]
SELC でCafé Baristaを習得したので、帰ったら自分のコミュニティカフェを開くことが夢です。

[SELCにご入学をお考えの方へのメッセージ]
私は、SELCで世界中から集まったクラスメイトと個性派でユーモアのある先生と毎日を送っているうちに夢が英語に変わる日が来ました。それに気づいた朝はもう、自分の世界が広がったことを実感できました!とりあえず、一歩を踏み出して新しい自分に出会うためにSELCに通ってみませんか?カフェバリスタコースやナース、チルドレンケア等、バリエーション豊富な体制と、困ったときは日本人スタッフが常駐しているので自分の意思をはっきり伝えることができるので安心です。できるだけ個人のニーズに寄り添うスタンスがSELCにはあります。
まずは、はじめの一歩を踏み出してSELCと一緒に成長してみませんか?最初は独りでも出会った人があなたと縁のある人だと思います!

 

卒業してすぐバリスタの仕事に就いた学生のメッセージ

 

SELCページはこちら

無料カウンセリングを実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。