医療英語・OET準備コース

シドニー・カレッジ・オフ・イングリッシュで医療英語を学ぶ

SCEEHP

医療英語(English for Health Professionals)コース:一般英語(午前)+医療英語(午後)

医療の現場で用いられるプロフェッショナルな英語に興味のある医師、看護師、薬剤師、歯科医師などを対象にした特別なコース。また、医大生、看護大生、オーストラリアにて、医療関係に進学を希望する方、翻訳/通訳を目指している方などが受講することが可能です。

コース特徴

  • 入学日: 毎週月曜日
  • 期間: 1週間から受講可能、12−15週間の受講で教科書のトピックをすべてカバー
  • レベル: EHP1-強準中級、 EHP2-中級
  • 時間: 28時間/週(5時間のセルフアクセスの自習時間を含む)
  • 3月と9月、病院を訪問(有料)。オーストラリアの医療システムを直接知ることが可能
  • 将来のキャリアの選択のために、講師から推薦状を発行することが可能
  • クラスの平均人数 約12名
  • 午前: 一般英語 午後:医療英語
  • 修了書: コース終了時に授与

SCE-JP-EHPSampletimetable

SCEjp-EHPlavels-300x221

EHP1

  • レベル:強準中級
  • 期間:12週間~15週間が望ましい

EHP2

  • レベル:強中級もしくはそれ以上
  • 期間:12週間~15週間が望ましい
  • EHP1と異なり、授業の難易度が高く、さらなる高い語彙力が求められます

  ≪授業内容≫

  • 文法:各トピックに関連した内容をもとに文法の復習 例)比較対照など
  • 語彙:下記の4技能を通して、語彙力増を目指します
  • スピーキング:患者とナースのロールプレイング
    • 様々な治療方法に関する比較と対照
    • 宿題の一環として、インターネットでリサーチしてプレゼンします
    • 発音と流暢さの連数
  • リスニング:各トピックに1-2回の実生活および病院愛で起こるシチュエーションをもとにリスニング練習が行われます
  • リーディング:各トピックに関連した内容の記事を読み、問題を解いたり、ディスカッションを行います。また担当講師が新聞やインターネットからの記事を追加配布します
  • ライティング:各トピックにライティングのテーマに沿った課題を行います。例)病院からクリニック、GPへの紹介状の書き方など

SCEjp-3-300x160

OET準備コース (Preparation for the Occupational English Test)

OET準備コースはオーストラリア国内で医療関係に従事したい人が受験するOETテストの試験準備対策コースです。
このコースはリーディング、ライティング、スピーキング、リスニングに必要不可欠な言語能力を身につけることができるようにデザインされています。コースへの入学は中級上または上級レベルの英語力が必要です。
このコースは医療分野と英語教師の両方の経験を積んだ石によってデザインされたコースです。
学生はオーストラリア国内のOETテストセンターで試験を受けることができます。

  • 医療のバックグラウンドがある学生が参加可能
  • 模擬テストの実施。講師からのフィードバック
  • 8週間のコース
  • 週20時間
  • コース終了時までにIELTS7相当の能力を身につけるチャンス
  • 少人数制のクラス
  • 月曜日~木曜日: 午前9時~午後3時30分
  • 修了書: コース終了時に授与

 

卒業生の体験談

「オーストラリアと日本の医療の違いを実感!」 -マエジマさん

iryou31-150x150オーストラリアの病院は、日本に比べて開放的でとってもアットホーム!こうした病院の内部や大学の看護実習室が実際に見学できるのも、SCEの充実した医療英語コースならではだと思います。本当は語学力がギリギリだったので授業が理解できるか不安だったのですが、自分の興味のある分野だったし、先生もクラスメイトもフレンドリーだったので毎日楽しく過ごせました。オーストラリアで医療英語を学べる語学学校は少ないので、いつでも受講できるSCEは貴重な一校だと思います。

 

「世界の看護事情をナース同士でディスカッション」 ーYさん

iryou41-150x150

元ナースの先生による「外国人ナース向けのテキスト」に沿った授業は、すごく分かりやすくて勉強になります。授業では、病院の案内、救急医療、病気の症状やメンタルヘルスなど、分野別に英単語のチェックやリスニングを行い、トピックによってはディスカッションなども行います。先生がユーモアを交えて説明してくださるオーストラリアの医療事情はとても楽しいですよ!また韓国やヨーロッパのナースたちと行うディスカッションでは看護の共通点や文化の違いを知ることができ、毎日があっと言う間でした。

 

キャンペーン情報を含む詳細については、お気軽にお問い合わせください。