英語講師養成コース

Teaching English to Speakers of Other Languages

images

TESOLコース

TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)とは、英語を母国語としない人たち向けの英語教授法のこと。グローバル化が進む現在では、世界中の教師たちが英語を教える技術向上に取り組んでいます。多文化社会で育まれたオーストラリアのTESOL教育は国際的な評価が高く、日本の現役英語教師たちも数多く学んでいます。TESOLは、語学学校、TAFE、大学、大学院など様々な教育機関で修得することができ、4週間の短期コースから、3〜4年間の博士課程まで多彩なコースが用意されています。

TESOL資格・学位コース概要

語学学校・専門学校・大学コース

  • 成人英語教育サティフィケート【CELTA】(4~12週間)
  • 成人英語教育ディプロマ【DELTA】(8~32週間)
  • TESOL英語教授法サティフィケート(4~12週間)
  • 学士号(通常3~4年)

大学院コース

  • グラジュエート・サティフィケート(約6カ月間)
  • グラジュエート・ディプロマ(約1年)
  • 修士号(通常1~2年)
  • 博士号(通常3~4年)

==体験談==

「TESOLを学びたい人には絶対おすすめ!」 ナムヒラ コウジさん

英語教授法だけをフォーカスするのではなく、英語教師としての英語力が高められるように工夫された授業で大変満足しています。講師陣は丁寧でフレンドリー、いつも生徒のやる気を出させてくれます!TESOLの勉強をしたい方には絶対おすすめです。

「最高の先生に出会いました!」  コハマ リサさん

授業のカリキュラムがとてもしかりしていて、最高の先生に出会うことができました。コース内容はハードですが、英語のスキルと教授法のスキルを両方学ぶことができるので、すごく頑張りがいがあります!英語教師を目指している方には最適なコースですよ!

jshine1

児童英語教師J-Shineコース

J-Shineとは、小学生に英語を指導する技能を持つ指導者を育成し、教育現場に供給できる体制を送り出す日本のNPO小学甲英語指導者認定協議会が認定する資格制度です。日本でも資格取得は可能ですが、指導者自身の留学体験が生涯にわたって大きな財産となることなどから、海外での取得者が急増しています。また子ども英会話教室で働いたり、自宅で教室を開講したり、活躍の場も広がります。

語学学校International House Sydneyの児童英語講師養成コース

この6週間の児童英語講師養成コースは小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)とオーストラリア政府教育機関NEAS に認可されています。
ケンブリッジ大学のCELTA指導法を基に、児童英語教授法として、当校が開発したETYL(TECSOL)コースに日本のJ-SHINEのカリキュラムを組み合わせたユニークで実践的なコースです。午前中のTECSOL教科は、国籍ミックスのクラスの中、英語で学習しますので英語力も確実に向上します。午後は日本の子どもにフォーカスをあてた心理学や言語学、また、日本の小学校での英語活動について、日本語で学ぶのでしっかり効率良く学習できます。
コース修了時にはTECSOL(児童英語教授法)とJ-SHINE(小学校英語指導者)正資格が取得できます。日本の小学校で必要とされる、実践的な指導力を身につけることができ、小学校の他、民間の英語スクールや幼稚園でも活躍のチャンスが広がります。

==体験談==

「人生で一番勉強した7週間でした!」 シズカさん

児童の心理や小学校での英語活動の現状など、どのレッスンもとても勉強になるプログラムでした。先生に見せていただいたデモレッスンは、とても素晴らしかったです!またチームで協力することの大切さを改めて学び、合格した時は本当にうれしかったです。人生で一番集中して勉強した7週間でした。

「この資格は、一生モノです!」 ユカリさん

jshine21-150x150このコースでは、様々な指導技術を学ぶことができます。学習したことはデモレッスンで実際に試し、チャイルドケアセンターで現地の子どもたちに直接指導体験ができるので、さらに理解が深まります。受講前と後では、自分でも明らかに成長を実感できるし、この資格は、一生モノです!

 

 

 

詳細については、お気軽にお問い合わせください。